暖房器具の購入で迷っている人.必見!かっちんのホームページとブログに.是非訪問して下さい.宜しく…

為になる事

一番電気代がかからない暖房器具は何?

暖房器具の電気代を比較! 安いのはどれ?

ガスストーブ


    電気毛布


    石油ファンヒーター


      オイルヒーター


      こたつ


      ホットカーペット


      エアコン


      セラミックファンヒーター


      上記の広告は.電気代の安い順です.確認検討して下さい.宜しくお願い致します.

      ガスファンヒーター

      都市ガスは灯油に次いで燃料のエネルギー効率が良いため、都市ガスを使うガスファンヒーターはコストパフォーマンスの高い暖房器具です。ガスファンヒーターの場合には、燃料の補充などのお手入れも必要なく、手間が軽減できる点もメリットと言えるでしょう。

      一方で、エアコンと同じく乾燥しやすく、風が出るため温風が直接当たるのが苦手な方もおられるでしょう。また、ガスファンヒーターも対流式ではありますが、エアコンと比べると場所によって暖かさのムラが生じやすいこともデメリットとなります。

      エアコン

      エアコンは電気を使う暖房器具なので、上記の表にあてはめるとエネルギー効率が悪いと思えるかもしれません。しかし、エアコンは電気以外のエネルギーも用いて暖房しているため、電気を使う暖房器具のなかでもエネルギー効率が高い製品となっています。

      エアコンは電気を利用していますが、電気をそのまま熱に変換してるわけではありません。空気中の熱を集めて圧縮し、室内にその熱を送り出すことによって部屋を暖めています。エアコンに採用されているこの技術は、ヒートポンプ技術というものです。

      このヒートポンプ技術によってエアコンは、電気のエネルギー消費効率を増大させることができます。例えば、エネルギー消費効率(COP)が5倍のエアコンなら、電気1kWhによって得られる熱量が5倍になります。つまり、1kWhの電気で、860kcal × 5倍 = 4,300kcalの熱量が得られることになります。これを1kWhあたり27円で計算すると、1円あたりで得られる熱量は約160kcalとなり、都市ガスや灯油よりも大きくなります。つまり、エアコンはとても効率の良い暖房器具であると言えるのです。コストパフォーマンスも良いエアコンは、温度管理もしやすいため長時間部屋全体を暖めるのに向いています。

      エアコンのデメリットとしては、部屋の空気自体を暖める対流式のため、乾燥しやすい点が挙げられます。エアコンを使って部屋を暖める場合には、加湿器などの併用が効果的です。

      電気カーペット

      電気カーペットは、電気によって作り出した熱が逃げやすくコストパフォーマンスとしてはあまり効率のよくない暖房器具です。コストパフォーマンスを度外視すれば、速暖性があり温度もキープしやすいため、使いやすい暖房器具と言えるでしょう。また、空気を乾燥させることもなく火事ややけどの心配も少ないため、ペットや小さなお子さんのおられるお家で活躍します。

      こたつ

      こたつも電気カーペットと同じく電気を利用して暖めますが、こたつ布団で熱を逃がさないため小さいエネルギーで暖かさを持続させることができます。局所的に長時間暖まりたいときにはこたつはコストパフォーマンスの良い暖房器具です。さらに燃料の補充やお手入れがほとんど要らないことも考えると、一人暮らしや夫婦にはメリットの多い暖房器具となります。

      オイルヒーター

      オイルヒーターは製品内のオイルを電気のエネルギーで暖め、それを循環させることで持続的に暖房するものです。燃料の補充が必要なく、やけどや火事のリスクも少ない暖房器具です。また、温風を発生させることもないため、乾燥が苦手な方にもおすすめです。

      購入後のランニングコストは抑えられるものの、製品自体の料金が他の暖房器具に比べると高い点がデメリットでしょう。同じく製品の価格が高いエアコンとは異なり、暖房としてしか利用できない点もデメリットとなります。

      かっちんのホ−ムペ−ジとブログ | Just another WordPress site

      上記のブログに.是非訪問して下さい.宜しくお願い致します.かっちんは現在障害2級年金受給者60歳です.頭硬くて.物忘れ激しいけど.ブログ書いています..宜しくお願い致します…

      上記の広告も.確認検討して下さい.宜しくお願い致します..

      Follow me!

      コメント

      PAGE TOP
      タイトルとURLをコピーしました